「傲慢と善良」辻村深月著

公開日: 更新日:

 西澤架はルックスがよく、女友達も多いモテ男。父から受け継いだ輸入ビール会社を経営している。坂庭真実は、親に逆らわずに生きてきた真面目なお嬢さん。2人は婚活で知り合い、2年後に婚約する。過去の恋愛を引きずる架に結婚を決断させたきっかけは、真実を襲ったストーカー事件だった。ある夜、恐怖のあまり架に救いを求めた真実は、そのまま彼と暮らし始めた。

 ところが、寿退社を祝う職場の送別会が行われた翌日、真実は忽然と姿を消す。警察は事件性を否定したが、ストーカー被害を疑った架は、婚約者の生まれ育った町を訪ね、彼女の過去に分け入っていく。

 厳格な父親と、娘の自立を阻む共依存の母親。そんな両親に反発して早くに家を出た姉。結婚相談所の優雅で辛辣な女経営者。真実に振られた見合い相手……。彼らの話から、婚約者の美点に見えていた善良さの奥にあるものが見えてくる。進学も就職も結婚も親のいいなりで、自分では決められない。自信がないのに自己評価が高く、自分の傲慢さに無自覚。そのまま30代半ばにさしかかり、納得できる結婚相手にまだ巡り合えない。悩んで、もがいて、ようやく出会えた理想の相手、架の前から、彼女はなぜ姿を消したのか。ミステリーめいた展開をはらむ長編恋愛小説。

 晩婚化する現代日本の恋愛・結婚事情と当事者たちの揺れる感情をリアルに描いていて、婚活中の男女に刺さりそう。

(朝日新聞出版 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  9. 9

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る