「孤独という道づれ」岸惠子著

公開日: 更新日:

 2018年初秋、岸はテレビで「アラン・ドロン ラストメッセージ」を見た。白髪で、ちょっぴり猫背になった82歳のアラン・ドロンは「ぼくはコメディアンとアクターはまったく別だと思う」と語った。コメディアンは与えられた役を考えて演じるが、アクターは自分のように偶然がもたらしたアクシデントだと。「太陽がいっぱい」のルネ・クレマン監督は何も知らないドロンに「自分の歩き方で歩き、自分のしゃべり方でしゃべればいい」と言った。ドロンは「ぼくはあの役を演じてはいない。あの若者を生きたんだ」と。 岸は心の中でブラボォーとつぶやいた。

 85歳の見えとはったりが詰まったエッセー集。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード