「孤独という道づれ」岸惠子著

公開日: 更新日:

 2018年初秋、岸はテレビで「アラン・ドロン ラストメッセージ」を見た。白髪で、ちょっぴり猫背になった82歳のアラン・ドロンは「ぼくはコメディアンとアクターはまったく別だと思う」と語った。コメディアンは与えられた役を考えて演じるが、アクターは自分のように偶然がもたらしたアクシデントだと。「太陽がいっぱい」のルネ・クレマン監督は何も知らないドロンに「自分の歩き方で歩き、自分のしゃべり方でしゃべればいい」と言った。ドロンは「ぼくはあの役を演じてはいない。あの若者を生きたんだ」と。 岸は心の中でブラボォーとつぶやいた。

 85歳の見えとはったりが詰まったエッセー集。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る