「私が愛した映画たち」吉永小百合著、立花珠樹/取材・構成

公開日:  更新日:

 国民的大女優が、出演作全120作品から思い出深い作品を選び、エピソードを語る映画エッセー。

 役柄からか、裕福な家で育ったと思われがちだが、実は子役として働くようになってからはその出演料が家計の足しになっていたという著者。初めての主演映画「キューポラのある街」のとき、浦山桐郎監督から「貧乏についてよく考えてごらん」と宿題を出された。しかし、自分の家も貧乏だったから「貧乏はよく知っています。私、自信があります」と答えると、監督は「君のところは山の手の貧乏だろう。下町の貧乏っていうのがあるんだ」と語ったという。

 そんな裏話や共演者たちとの思い出を交えながら、最新作「北の桜守」まで。映画と演技への思いを語りつくしたファン必携本。 (集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る