• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私が愛した映画たち」吉永小百合著、立花珠樹/取材・構成

 国民的大女優が、出演作全120作品から思い出深い作品を選び、エピソードを語る映画エッセー。

 役柄からか、裕福な家で育ったと思われがちだが、実は子役として働くようになってからはその出演料が家計の足しになっていたという著者。初めての主演映画「キューポラのある街」のとき、浦山桐郎監督から「貧乏についてよく考えてごらん」と宿題を出された。しかし、自分の家も貧乏だったから「貧乏はよく知っています。私、自信があります」と答えると、監督は「君のところは山の手の貧乏だろう。下町の貧乏っていうのがあるんだ」と語ったという。

 そんな裏話や共演者たちとの思い出を交えながら、最新作「北の桜守」まで。映画と演技への思いを語りつくしたファン必携本。 (集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る