「美輪明宏と『ヨイトマケの唄』」佐藤剛著

公開日:

 2012年の大晦日。77歳の美輪明宏は、NHK紅白歌合戦に初出演、黒い衣装に身を包み、「ヨイトマケの唄」を歌った。圧倒的な歌の力と存在感が、視聴者を強く揺さぶった。丸山明宏と名乗っていた若き日の美輪が、半世紀も前に作詞作曲したこの歌が、生命力を失うどころか、輝きを増している。桑田佳祐をはじめとする才能豊かなシンガー・ソングライターたちに歌い継がれてもいる。それはなぜなのか。音楽業界で長年活動してきたプロデューサーが、膨大な資料と証言をもとに、歌の命の秘密に迫っている。

 シャンソン歌手を目指して故郷の長崎から単身上京した丸山は、銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」のステージに立つようになり、ユニセックスの美貌から「シスターボーイ」と呼ばれて脚光を浴びる。しかし、反動もすさまじく、同性愛者に対する偏見からゲテモノ、キワモノ扱いされて、世間から忘れられる。

 しかし、丸山の才能が本物であることを見抜いていた同時代の天才たちが、再び彼を表舞台へと導く。中村八大は丸山をNHKのバラエティー番組「夢であいましょう」に出演させて復活の機会をつくり、赤字覚悟でリサイタルを開いた。丸山が10代のころから親交があった三島由紀夫は、誰も真似のできない言葉で励まし、ときに叱咤する。そして戯曲「黒蜥蜴」で女優として開花させる。天才たちはみな純粋で、差別も偏見もなく、どんな権威にも支配されず、自分の道を歩いていた。だからこそ、丸山という表現者に感応し、ともに仕事をすることを喜んだ。

「ヨイトマケの唄」が時代を超えて生きているのは、表現者たちの反骨精神と熱さを内包し、熟成させてきたからなのだ。(文藝春秋 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る