「吉行和子・冨士眞奈美おんなふたり 奥の細道迷い道」吉行和子・冨士眞奈美著

公開日: 更新日:

 30年以上の句会歴をもつ女優、吉行和子と冨士眞奈美が、松尾芭蕉の「奥の細道」をたどって松島に吟行の旅に。冨士が、旅を栖(すみか)にして野垂れ死にしてもいいというのは、男の生き方の一つの典型だと言うと、吉行は、それができないからみんな芭蕉に憧れると喝破する。冨士の父は新聞記者で、酔っぱらうと「俺は畳の上では死ねない!」と泣いた。吉行の父は作家で、あまり家に帰らず、34歳で死んだ。芭蕉は男同士でしか旅に行かない。「女連れじゃいろいろ揉めるもんね(笑)」と冨士。2人は奧の細道の出発点の千住で句を詠む。「千住にて夏の夜の夢観劇す(吉行)」「白日傘千住の駅に忘らるる(冨士)」

 読んでいると一句ひねってみたくなる、楽しい俳句トーク本。

(集英社インターナショナル 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る