文豪たちに学ぶ“魅力的な”言い訳

公開日: 更新日:

 言い訳とは、よろしくない立場から逃れるための説明なので、格好いいはずがない。しかし、これを表現次第で味わい深いものにしてきたのが、文豪たちだ。中川越著「すごい言い訳!」(新潮社 1600円+税)では、奇想天外で痛快な、文豪たちの素晴らしい言い訳の数々を紹介している。

 言い訳の達人だったのが夏目漱石だ。30代後半の頃、ハガキに水彩で風景や人物を描き、親しい人たちに送りつけて楽しんでいた漱石。

 ところがある時、よく知る相手の宛名を間違え、田口とするべきところを田中と書いてしまった。当然、田口からは「田口です。お忘れですか」と抗議が来た。そこで漱石はもう一度ハガキに絵を描き、次のような添え書きをして送っている。

「君の名を忘れたのではない。かき違えたのだ失敬」

 あなたの名前を忘れるわけがないでしょう、ちょっと書き間違えただけですよと、大きな失礼を小さな失礼でうまく覆い隠した言い訳だ。

 またある時は、教え子から預かった大切な手紙を泥棒に盗まれてしまった。漱石は猛省しつつ、謝罪の手紙にこんなひと言を添えている。

「気を付けるなら泥棒氏の方で気を付けるより仕方がない」

 自分は今後これ以上ないほど気を付けるのだから、あとは泥棒次第だという、言い得て妙な言い訳である。

 酒で迷惑をかけた親友への手紙に、「一人でカーニバルをやっていた男」というトリッキーな言い訳を書いた中原中也。愛人と別れた後で浮気を知っていた夫に「帰ったら、どのようにしてりょく(夫の愛称)を愛撫してやろうかと空想している」と熱烈な言い訳をしたためた林芙美子ら、さすがの言い訳が満載。魅力的な言い分の指南書としても活用したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る