「世界の覇権が一気に変わる サイバー完全兵器」デービッド・サンガー著 高取芳彦訳

公開日: 更新日:

 トランプ政権発足1年後、マティス国防長官は驚くべき進言をした。アメリカの電力網などに対するサイバー攻撃からアメリカを守るために、核兵器で反撃する用意があると宣言せよ、と。かつての敵国、ロシアは西側諸国に分断と大混乱を引き起こそうとする核武装国家だった。

 それに比べて中国は自国の長期的な支配を確立することを重視し、それを実現する手段となるのは核兵器や戦争ではなく、サーバーやソフトウエア、ケーブルだと確信している。中国の通信機器メーカーのファーウェイは、シドニーからワルシャワまでの5Gネットワークを構築し、世界の経済大国の軍事同盟の情報を手に入れようともくろんでいる。

 NYタイムズの記者による警告の書。

(朝日新聞出版 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る