「世界の覇権が一気に変わる サイバー完全兵器」デービッド・サンガー著 高取芳彦訳

公開日: 更新日:

 トランプ政権発足1年後、マティス国防長官は驚くべき進言をした。アメリカの電力網などに対するサイバー攻撃からアメリカを守るために、核兵器で反撃する用意があると宣言せよ、と。かつての敵国、ロシアは西側諸国に分断と大混乱を引き起こそうとする核武装国家だった。

 それに比べて中国は自国の長期的な支配を確立することを重視し、それを実現する手段となるのは核兵器や戦争ではなく、サーバーやソフトウエア、ケーブルだと確信している。中国の通信機器メーカーのファーウェイは、シドニーからワルシャワまでの5Gネットワークを構築し、世界の経済大国の軍事同盟の情報を手に入れようともくろんでいる。

 NYタイムズの記者による警告の書。

(朝日新聞出版 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る