「平成経済 衰退の本質」金子勝著

公開日: 更新日:

 バブルの頂点と崩壊、その後に続く「失われた30年」で産業競争力は衰え、もはや日本は先進国とは言えないと著者は突き放す。

 バブル崩壊後、経営責任も監督責任も問われることなく不良債権の抜本的処理を怠ったため、1997年に金融危機が発生。日本経済の構造が一変し「失われた10年」は、「失われた20年」になった。そして福島第1原発事故でも同じことが繰り返され、さらに「失われた30年」に。

 その間、政府は堅実な経済政策に取り組むことなく、ひたすら財政金融政策でずるずるとゾンビ化する企業群を救済。2年で終わるはずの異次元の金融緩和はデフレ脱却に失敗して6年以上も続き、出口のないネズミ講と化してしまった。

 そんな平成の30年を総括し、ひたすら「病状」を悪化させてきた衰退の本質に迫る。

 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る