「平成経済 衰退の本質」金子勝著

公開日: 更新日:

 バブルの頂点と崩壊、その後に続く「失われた30年」で産業競争力は衰え、もはや日本は先進国とは言えないと著者は突き放す。

 バブル崩壊後、経営責任も監督責任も問われることなく不良債権の抜本的処理を怠ったため、1997年に金融危機が発生。日本経済の構造が一変し「失われた10年」は、「失われた20年」になった。そして福島第1原発事故でも同じことが繰り返され、さらに「失われた30年」に。

 その間、政府は堅実な経済政策に取り組むことなく、ひたすら財政金融政策でずるずるとゾンビ化する企業群を救済。2年で終わるはずの異次元の金融緩和はデフレ脱却に失敗して6年以上も続き、出口のないネズミ講と化してしまった。

 そんな平成の30年を総括し、ひたすら「病状」を悪化させてきた衰退の本質に迫る。

 (岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る