「デッドヒート 上 おれたちの箱根駅伝」須藤靖貴著

公開日: 更新日:

 陸上の長距離選手、走水剛は、高校時代の監督の勧めで、箱根駅伝で2年連続シード権を獲得した修学院大学に入学。合宿所に入れなかった剛は、朝5時前に起き四畳半・共同便所のアパートから練習に通う。

 入部の自己紹介で、おざなりのあいさつをする同級生に苛立った剛は、皆の前で目標は日本代表になり、オリンピックの舞台で走ることだと宣言。プロ棋士の父親に「目標を口にすると自己規定になる。すると日々の過ごし方が決まってくる」と言われて育ったからだ。しかし、剛は全国の強豪校から集まったチームメートにはタイムも実績も及ばない。

 駅伝、そしてマラソンに青春をかける剛が東京オリンピックに出場するまでを描く大河青春スポーツ小説第1巻。

(角川春樹事務所 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る