「デッドヒート 上 おれたちの箱根駅伝」須藤靖貴著

公開日: 更新日:

 陸上の長距離選手、走水剛は、高校時代の監督の勧めで、箱根駅伝で2年連続シード権を獲得した修学院大学に入学。合宿所に入れなかった剛は、朝5時前に起き四畳半・共同便所のアパートから練習に通う。

 入部の自己紹介で、おざなりのあいさつをする同級生に苛立った剛は、皆の前で目標は日本代表になり、オリンピックの舞台で走ることだと宣言。プロ棋士の父親に「目標を口にすると自己規定になる。すると日々の過ごし方が決まってくる」と言われて育ったからだ。しかし、剛は全国の強豪校から集まったチームメートにはタイムも実績も及ばない。

 駅伝、そしてマラソンに青春をかける剛が東京オリンピックに出場するまでを描く大河青春スポーツ小説第1巻。

(角川春樹事務所 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  8. 8

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る