北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや」黒瀬陽著

公開日: 更新日:

 中学2年生はバカである。マンガ雑誌の裏表紙にあった通販の「モザイク消し機」を購入するのだ。1回500円でアダルトビデオのモザイクを取る「ビジネス」を思いついたからだ。もちろん、その商品が届いても、モザイクは全然取れない。目を細めたほうがマシなくらい、というから情けない。

 しかし彼らを笑えないのは、こういうバカな青春を私たちもまた送ってきたからだ。「モザイク消し機」は注文しなかったが、その種の広告を見て、もしかしてホントにできるかも、と思ったことは一度や二度ではない。私たちもまたバカであったのだ。だから、他人事ではない。

 本書は、「おどるポンポコリン」がテレビから流れていた1996年の広島を舞台に、中学2年生のイケとらんグループを描く青春小説である。友情と喧嘩と和解、初恋と性の目覚め――それは、どこにでもあるような青春で、とりたてて珍しいことがあるわけではないが、だからこそ、とてもいとしい日々といっていい。そのバカで、アホで、イケとらん毎日を、丁寧に描いていくので、この物語にどんどん引き込まれていく。

 イケとるグループのリーダー丸ちゃんが、学外の不良チームに入ったらパシリにされていて、それを目撃した主人公たちに「言うなや学校で。俺がチームのパシリにされとったとか」と言うシーンは結構切ない。

 第20回ボイルドエッグズ新人賞の受賞作だ。

(早川書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る

人気キーワード