北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「別れ際にじゃあのなんて、悲しいこと言うなや」黒瀬陽著

公開日:

 中学2年生はバカである。マンガ雑誌の裏表紙にあった通販の「モザイク消し機」を購入するのだ。1回500円でアダルトビデオのモザイクを取る「ビジネス」を思いついたからだ。もちろん、その商品が届いても、モザイクは全然取れない。目を細めたほうがマシなくらい、というから情けない。

 しかし彼らを笑えないのは、こういうバカな青春を私たちもまた送ってきたからだ。「モザイク消し機」は注文しなかったが、その種の広告を見て、もしかしてホントにできるかも、と思ったことは一度や二度ではない。私たちもまたバカであったのだ。だから、他人事ではない。

 本書は、「おどるポンポコリン」がテレビから流れていた1996年の広島を舞台に、中学2年生のイケとらんグループを描く青春小説である。友情と喧嘩と和解、初恋と性の目覚め――それは、どこにでもあるような青春で、とりたてて珍しいことがあるわけではないが、だからこそ、とてもいとしい日々といっていい。そのバカで、アホで、イケとらん毎日を、丁寧に描いていくので、この物語にどんどん引き込まれていく。

 イケとるグループのリーダー丸ちゃんが、学外の不良チームに入ったらパシリにされていて、それを目撃した主人公たちに「言うなや学校で。俺がチームのパシリにされとったとか」と言うシーンは結構切ない。

 第20回ボイルドエッグズ新人賞の受賞作だ。

(早川書房 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る