オキナワの暑い夏

公開日: 更新日:

「沖縄の米軍基地を『本土』で引き取る!」 沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る!編集委員会編

 玉城デニー沖縄県知事の全国行脚「トークキャラバン」をはじめ、今年も沖縄発の暑い夏が始まる。



 70年代以来、いつのまにか沖縄に集中されてきた米軍基地。いまや国道16号周辺をふくめ、首都圏で米軍の存在感はきわめて薄いが、代わりに沖縄は巨大な基地の島になっている。日本列島が極東の安全保障上、重要な位置にあるのは確か。しかも護憲を貫くならアメリカの傘の下にいるほかない。だったら「本土で基地を引き取れば?」という運動が大阪、福岡、新潟などの住民の間から起こっている。

 この提案を通して基地問題のみならず、日本の安全保障から憲法問題までを広く考える契機となす発想だ。本書はこの提案をめぐる識者や一般市民の声をまとめた“企画書”。運動に関わって初めて「本土」の人間がいかに沖縄を“上から目線”で見ていたかに気づいた、といった声が満載されている。

(コモンズ 900円+税)

「沖縄と核」松岡哲平著

 日米両政府がいかに否定しても沖縄に核兵器が持ち込まれていたことは明白。最初の配備は冷戦真っ盛りの50年代半ば。しかし安保反対運動に恐れをなした政府はひそかに沖縄に核兵器を集中させる。その数最大でじつに1300発という異常な数値。しかも59年には核弾頭付きのナイキ・ハーキュリーズ・ミサイルが誤射され、海に落ちていたという。隠された事実は一昨年のNHKスペシャルで明らかに。

 本書はその担当ディレクターによる迫真のドキュメント。番組放映後の日本政府の対応についての報告まで含まれている。

(新潮社 1800円+税)

「『琉球文明』の発見」海勢頭豊著

 人魚のルーツともいわれる海の生物ジュゴン。沖縄の美(ちゅ)ら海にすむジュゴンを守れ、と訴訟を起こした沖縄在住のミュージシャンは独創的な沖縄古代史の研究家でもある。

 本書は平安座島の龍宮神を祭る家に生まれた著者が数奇な半生を語った「真振MABUI」から数えて3冊目になる独創的な琉球古文明論。

 邪馬台国の女王と伝えられる卑弥呼の神話を独自の視点で読み直し、琉球文明から黄河文明が生まれたと説くユニークな史観が繰り広げられる。

(藤原書店 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード