「フェイクウェブ」高野聖玄・セキュリティ集団スプラウト著

公開日: 更新日:

 重要なインフラになったインターネット上には、近年、さまざまなフェイクが蔓延している。膨大な個人情報や情報資産がネット上に急速に集積されていることがその背景にある。そんなフェイク問題の現実や、サイバー攻撃の手口を解説したテキスト。

 大手宅配業者を装い、偽ウェブサイトに誘導し、ターゲットに偽アプリをインストールさせる手口。スマホ内で不正プログラムとして活動をはじめる偽アプリは、個人情報を盗み出すほか、備え付けのカメラやマイクを通してターゲットの生活を盗撮・盗聴していた事例まであるという。

 他にも企業を狙う「ビジネスメール詐欺」や、仮想通貨バブルに乗じたさまざまな事件などを解説しながら、被害に遭わないための対処法までを説く。

(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る