「フェイクウェブ」高野聖玄・セキュリティ集団スプラウト著

公開日: 更新日:

 重要なインフラになったインターネット上には、近年、さまざまなフェイクが蔓延している。膨大な個人情報や情報資産がネット上に急速に集積されていることがその背景にある。そんなフェイク問題の現実や、サイバー攻撃の手口を解説したテキスト。

 大手宅配業者を装い、偽ウェブサイトに誘導し、ターゲットに偽アプリをインストールさせる手口。スマホ内で不正プログラムとして活動をはじめる偽アプリは、個人情報を盗み出すほか、備え付けのカメラやマイクを通してターゲットの生活を盗撮・盗聴していた事例まであるという。

 他にも企業を狙う「ビジネスメール詐欺」や、仮想通貨バブルに乗じたさまざまな事件などを解説しながら、被害に遭わないための対処法までを説く。

(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る

人気キーワード