「明るい夜に出かけて」佐藤多佳子著

公開日: 更新日:

 大学を休学した富山は、実家を出て、深夜のコンビニでアルバイトをしながら、金沢八景のアパートで一人暮らしを始める。他人に体を触られると拒否反応を示してしまう「接触恐怖症」の富山はある夜、常連の女性客を突き飛ばしてしまうが、先輩バイトの鹿沢のフォローで事なきを得る。

 そんな中、小学生から深夜放送のヘビーリスナーだった富山は、挙動不審な客の女子高生・愛が、大好きなラジオ番組にセンスの良い投稿を続けている「ハガキ職人」だと知る。愛は富山もリスナーだと知り、深夜に店に現れては何かと話しかけてくる。ある「事件」で心に深い傷を負う富山が、ラジオと鹿沢や愛らとの交流を通じて癒やされていく青春小説。山本周五郎賞受賞作。

(新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る

人気キーワード