「明るい夜に出かけて」佐藤多佳子著

公開日: 更新日:

 大学を休学した富山は、実家を出て、深夜のコンビニでアルバイトをしながら、金沢八景のアパートで一人暮らしを始める。他人に体を触られると拒否反応を示してしまう「接触恐怖症」の富山はある夜、常連の女性客を突き飛ばしてしまうが、先輩バイトの鹿沢のフォローで事なきを得る。

 そんな中、小学生から深夜放送のヘビーリスナーだった富山は、挙動不審な客の女子高生・愛が、大好きなラジオ番組にセンスの良い投稿を続けている「ハガキ職人」だと知る。愛は富山もリスナーだと知り、深夜に店に現れては何かと話しかけてくる。ある「事件」で心に深い傷を負う富山が、ラジオと鹿沢や愛らとの交流を通じて癒やされていく青春小説。山本周五郎賞受賞作。

(新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る