• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「透明カメレオン」道尾秀介氏

 ラジオのパーソナリティーの恭太郎が行きつけのバーで飲んでいた時、びしょ濡れの美女、恵が飛び込んできて、「コースター」とつぶやいた。だが、常連客の百花は「殺した、って言ったんじゃないのかな」。恵の、ウソか本当かわからない話に乗せられて、恭太郎らが〈殺害計画〉に加担させられていくというミステリーだ。

「主人公をラジオのパーソナリティーにしたのは、ラジオが好きなので、作品に使ってみたいという気持ちがあったからです。ラジオ放送の特徴として、音だけで素顔が見えないということがありますが、登場人物の造形として、ここにギャップをつくったらおもしろいなと。声だけだと人はけっこうウソをつけるんですよね。映像だと一瞬で大量の情報を伝えてしまうので、本質の部分が負けてしまう」

 恭太郎は魅力的な声の持ち主だが、ちんちくりんでルックスは全然イケてない。ところがその声に幻惑された恵が、あろうことかゲイバーのホステス、レイカを恭太郎だと思いこむ。〈想像どおり〉の人だと。恭太郎はそれを利用して実像を隠そうとするが、だまされたと知って逆上した恵に、父のかたき討ちに引きずりこまれ、墓地で怪しい人物に追いかけられたり、夜間の山道でライトなしでカーチェイスを繰り広げる羽目になる。そのきっかけになったのは、恭太郎のイメージという、一種のウソなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る