「透明カメレオン」道尾秀介氏

公開日:  更新日:

 ラジオのパーソナリティーの恭太郎が行きつけのバーで飲んでいた時、びしょ濡れの美女、恵が飛び込んできて、「コースター」とつぶやいた。だが、常連客の百花は「殺した、って言ったんじゃないのかな」。恵の、ウソか本当かわからない話に乗せられて、恭太郎らが〈殺害計画〉に加担させられていくというミステリーだ。

「主人公をラジオのパーソナリティーにしたのは、ラジオが好きなので、作品に使ってみたいという気持ちがあったからです。ラジオ放送の特徴として、音だけで素顔が見えないということがありますが、登場人物の造形として、ここにギャップをつくったらおもしろいなと。声だけだと人はけっこうウソをつけるんですよね。映像だと一瞬で大量の情報を伝えてしまうので、本質の部分が負けてしまう」

 恭太郎は魅力的な声の持ち主だが、ちんちくりんでルックスは全然イケてない。ところがその声に幻惑された恵が、あろうことかゲイバーのホステス、レイカを恭太郎だと思いこむ。〈想像どおり〉の人だと。恭太郎はそれを利用して実像を隠そうとするが、だまされたと知って逆上した恵に、父のかたき討ちに引きずりこまれ、墓地で怪しい人物に追いかけられたり、夜間の山道でライトなしでカーチェイスを繰り広げる羽目になる。そのきっかけになったのは、恭太郎のイメージという、一種のウソなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る