「透明カメレオン」道尾秀介氏

公開日: 更新日:

 ラジオのパーソナリティーの恭太郎が行きつけのバーで飲んでいた時、びしょ濡れの美女、恵が飛び込んできて、「コースター」とつぶやいた。だが、常連客の百花は「殺した、って言ったんじゃないのかな」。恵の、ウソか本当かわからない話に乗せられて、恭太郎らが〈殺害計画〉に加担させられていくというミステリーだ。

「主人公をラジオのパーソナリティーにしたのは、ラジオが好きなので、作品に使ってみたいという気持ちがあったからです。ラジオ放送の特徴として、音だけで素顔が見えないということがありますが、登場人物の造形として、ここにギャップをつくったらおもしろいなと。声だけだと人はけっこうウソをつけるんですよね。映像だと一瞬で大量の情報を伝えてしまうので、本質の部分が負けてしまう」

 恭太郎は魅力的な声の持ち主だが、ちんちくりんでルックスは全然イケてない。ところがその声に幻惑された恵が、あろうことかゲイバーのホステス、レイカを恭太郎だと思いこむ。〈想像どおり〉の人だと。恭太郎はそれを利用して実像を隠そうとするが、だまされたと知って逆上した恵に、父のかたき討ちに引きずりこまれ、墓地で怪しい人物に追いかけられたり、夜間の山道でライトなしでカーチェイスを繰り広げる羽目になる。そのきっかけになったのは、恭太郎のイメージという、一種のウソなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る