「宿命と真実の炎」貫井徳郎著

公開日: 更新日:

 白バイ警察官が交通事故を起こして死亡。それからほどなく別の警察官が刺殺され、さらに3人目の犠牲者が出た。3人はかつての同僚で、18年前に起きた交通事故にかかわっていた。これは、警察に恨みを持つ人間による、警察官連続殺人事件なのか?

 山本周五郎賞受賞作「後悔と真実の色」の続編に当たる警察小説。不倫スキャンダルで辞めた天才刑事、西條輝司も再登場する。

 所轄署の刑事、高城理那は、男社会の警察組織の中で肩肘を張りながら奮闘する。一方、読者には犯人が早い段階で明かされる。幼いころ、父親の逮捕によって離ればなれになった義理の兄弟、誠也とレイ。大人になって再会した2人は、自分たちを引き裂いた警察への復讐を生きる糧にするかのように犯罪を重ねる。

 伝説の男、西條の存在が気になる理那は、西條の元に日参して捜査へのアドバイスを頼み込み、着実に真相に近づいていく。理那は失明した元警察官の父と2人暮らし。西條は天職を失って、くすぶっている。復讐に燃える義理の兄と弟は、はたからはうかがい知れない深い因縁で結ばれている。

 いくつもの物語が入り乱れて収束していくその先に衝撃の結末が待っている。(幻冬舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る