「日本のすごい食材」河﨑貴一著

公開日:  更新日:

 世界に誇る日本各地のすごい食材と、その生産者たちの苦労を取材したルポルタージュ。

 世界4位のキャビア輸入国だった日本が、今、輸出国へと転じようとしている。1990年代にキャビアがとれる天然チョウザメが激減。国際的にチョウザメの養殖が活発になり、日本でも各地で手掛け始めた。中でも、宮崎県は飼育数が日本一。世界中の塩を使って2000回以上の試行錯誤の末にたどりついた製法で作られる「宮崎キャビア1983」は、有名レストランの外国人シェフのお墨付きの味で、国際線のファーストクラスの食事にも採用されているとか。その他、石川県のふぐ卵巣のぬか漬けや全身マグロのトロと同じ味がする愛媛県の「スマ」など21の逸品がずらり。

 (文藝春秋 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る