「日本のすごい食材」河﨑貴一著

公開日:  更新日:

 世界に誇る日本各地のすごい食材と、その生産者たちの苦労を取材したルポルタージュ。

 世界4位のキャビア輸入国だった日本が、今、輸出国へと転じようとしている。1990年代にキャビアがとれる天然チョウザメが激減。国際的にチョウザメの養殖が活発になり、日本でも各地で手掛け始めた。中でも、宮崎県は飼育数が日本一。世界中の塩を使って2000回以上の試行錯誤の末にたどりついた製法で作られる「宮崎キャビア1983」は、有名レストランの外国人シェフのお墨付きの味で、国際線のファーストクラスの食事にも採用されているとか。その他、石川県のふぐ卵巣のぬか漬けや全身マグロのトロと同じ味がする愛媛県の「スマ」など21の逸品がずらり。

 (文藝春秋 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る