「うちの子が結婚しないので」垣谷美雨著

公開日: 更新日:

 57歳の千賀子は、友人のモリコから届いた年賀状にため息が出る。娘の結婚が決まったと記されていたのだ。半年前、適齢期を過ぎても結婚する気配がないお互いの娘たちの愚痴を言い合ったばかりだったのに。

 千賀子は考えれば考えるほど28歳の娘・友美の行く末が心配でならない。夫も同じようで、子供たちの代わりに親同士がお見合いをする「親婚活」をテレビで知り、乗り気になる。渋る友美を説得して手続きを進め、まずは千賀子が出かけることに。しかし、いざ会場で男性側の親に身上書の交換を申し込んでみると、体よく断られてしまい、千賀子は屈辱を味わう。

 一人娘の行く末を案じる千賀子夫婦の奮闘を描く親婚活サバイバル小説。

(新潮社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る