• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「定年オヤジ改造計画」垣谷美雨著

 大手石油会社を退職した庄司常雄は、妻とともに健やかで有意義な余生を過ごそうと考えていた。ところが、「夫源病」だという妻には避けられ、娘の百合絵にも疎ましがられる始末。30歳を過ぎて独身の百合絵に「結婚して一人前、女には母性愛があるんだ」と説教したら、「アンタは古いんじゃなくて間違っている」と軽蔑のまなざしで吐き捨てられた。

 そんなある日、息子夫婦から孫2人の保育園送迎を頼まれ、嫌々ながら引き受けることに。慣れない孫の世話に翻弄される常雄だが、やがてこれまでいかに女性に甘えてきたかに気づき、自分と息子の“再生計画”を決意する――。

 果たして常雄は妻との離婚を回避できるのか。定年オヤジの家族再生の物語。

(祥伝社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事