「日本のマクロ経済政策」熊倉正修著

公開日: 更新日:

 安倍政権は発足時「2010年代後半には、より高い成長の実現を目指す」と宣言。アベノミクスといわれる経済政策を推進したが、6年後の今、政府と日銀が描いたシナリオは実現していない。

 著者は、アベノミクスは新しい政策ではなく、むしろ日本の経済政策の問題点を凝縮したものだという。

 本書は、近年の日本のマクロ経済政策を検証し、その問題点をどのように克服するべきかを論じた警世の書。

 過去20年、日本経済を円安という杖がないと立っていられない老人のようにしてしまったと指摘する為替政策、もともと出口のない政策である異次元緩和、マクロ経済の本丸である財政政策まで、徹底的に検証・解説する。

 日本をまともな国に生まれ変わらせるにはどうすべきかを考える。 (岩波書店 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る