「日本のマクロ経済政策」熊倉正修著

公開日: 更新日:

 安倍政権は発足時「2010年代後半には、より高い成長の実現を目指す」と宣言。アベノミクスといわれる経済政策を推進したが、6年後の今、政府と日銀が描いたシナリオは実現していない。

 著者は、アベノミクスは新しい政策ではなく、むしろ日本の経済政策の問題点を凝縮したものだという。

 本書は、近年の日本のマクロ経済政策を検証し、その問題点をどのように克服するべきかを論じた警世の書。

 過去20年、日本経済を円安という杖がないと立っていられない老人のようにしてしまったと指摘する為替政策、もともと出口のない政策である異次元緩和、マクロ経済の本丸である財政政策まで、徹底的に検証・解説する。

 日本をまともな国に生まれ変わらせるにはどうすべきかを考える。 (岩波書店 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る