「日本が外資に喰われる」中尾茂夫著

公開日: 更新日:

 バブル崩壊後、日本経済は「失われた30年」と呼ばれるほどの低迷が続く。その原因は1990年代に日本を揺るがせた不良債権問題にある。2002~03年、「不良債権処理なくば景気回復なし」と政府筋が号令。解決困難の不良債権問題は、日本の税金投入によって、「不良債権ビジネス」という外資系ファンドから見ると「蜜の味」に変貌したのである。その結果、数多くの日本企業の所有権が外資系に移り、株式市場においても海外投資家が圧倒的な存在感を放っている。 

 しかし、不良債権を処理しても結局、景気回復にはつながらなかった。時代の転換点となった、不良債権ビジネスに関わる政治経済の力学を追いながら、失われた30年をつくり出した外的要因の存在を明らかにする。

(筑摩書房 940円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る