「日本が外資に喰われる」中尾茂夫著

公開日: 更新日:

 バブル崩壊後、日本経済は「失われた30年」と呼ばれるほどの低迷が続く。その原因は1990年代に日本を揺るがせた不良債権問題にある。2002~03年、「不良債権処理なくば景気回復なし」と政府筋が号令。解決困難の不良債権問題は、日本の税金投入によって、「不良債権ビジネス」という外資系ファンドから見ると「蜜の味」に変貌したのである。その結果、数多くの日本企業の所有権が外資系に移り、株式市場においても海外投資家が圧倒的な存在感を放っている。 

 しかし、不良債権を処理しても結局、景気回復にはつながらなかった。時代の転換点となった、不良債権ビジネスに関わる政治経済の力学を追いながら、失われた30年をつくり出した外的要因の存在を明らかにする。

(筑摩書房 940円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る

人気キーワード