「オウム真理教 偽りの救済」瀬口晴義著

公開日: 更新日:

 著者は、自分と同年生まれの地下鉄サリン事件の実行犯、広瀬健一が早稲田大学入学時に大隈重信像の前で撮った記念写真を見て、時間をこの時まで巻き戻せないのかと思った。歯車が狂ったら、自分も彼のようになっていたかもしれないと。

 麻原彰晃の運転手だった杉本繁郎は、麻原は信者たちの「欲望の象徴」だったと言った。彼らは欲望を滅することを目指したのに、麻原に帰依して「超能力者」や「解脱者」になろうとしたり、威力の大きい毒ガスをつくろうとしたりして、欲望はむしろエスカレートしていったのだ。

 新聞記者としてオウム真理教事件を取材、死刑囚らと面会し、400通もの手紙を交わした著者が、あの事件の事実を探る。

 (集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード