「麻原彰晃の誕生」髙山文彦著

公開日:

 犯罪教団「オウム真理教」を生み出し、率いた麻原彰晃、本名・松本智津夫の人生をたどる伝記。

 1955年、熊本県八代郡金剛村で9人きょうだいの7番目に生まれた智津夫は、生まれながらに左目がほとんど見えず、右目も先天性緑内障などの兆候があった。そのため、同じ病の長兄が通う県立盲学校に入れられ、寄宿舎生活を送ることに。幼い智津夫は、そのことを生涯、親に捨てられたと感じていた。教師らによると、当時から人の上に立ちたいという名誉欲が人一倍強い生徒だったという。20歳まで同校で過ごした彼は、やがて東大法学部に入り政治家になると吹聴して上京、予備校で出会った知子と結婚する。やがて、船橋で開業した鍼灸院に、若者が集まるようになる……。

(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る