「『昭和42年』生まれの逆襲」内池久貴著

公開日: 更新日:

 著者が生まれた昭和42年は「ウルトラセブン」と「あしたのジョー」が生まれた年だ。同年生まれのサッカー選手、中山雅史は泥くさいプレーが特徴。たまたまゴール前にいたら転がってきたボールを蹴って得点したら「ごっつあんゴール」だが、選手がゴール前に絶えず行き続けていたら、「偶然」のゴールではなく「必然」のゴールになる。その「必然」を生み続けることが自分の役割だと言う。

 同い年で、18歳で「スケバン刑事」でデビューしたのが南野陽子。デビュー時は水着姿の撮影はいやだと言っていたが、24歳で映画「寒椿」のヒロインを務めたときは、ヌードを披露した。「微乳」だったが、本人は、不幸な役どころなので、はかなげな感じが出ていいと思うと答えた。他に、清原和博、本田美奈子ら、著者の同級生へのオマージュ。

 (言視舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る

人気キーワード