「パリの『赤いバラ』といわれた女」遠藤突無也著

公開日: 更新日:

 敗戦後の日本を飛び出してパリに渡り、国際派女優として活躍した稀有な日本人女性がいた。日本では忘れられた谷洋子の生涯をたどり、その存在にあらためて光を当てたノンフィクション。

 谷洋子(本名・猪谷洋子)は1928年、エリート経済学者だった父の留学先、パリで生まれた。帰国して日本で育つが、海外に出たいという思いを募らせていく。見合い、結婚、出産という当時は当たり前の生き方に納得できなかったからだ。懸命に勉強し、津田塾大学を優秀な成績で卒業。大学時代に洗礼を受けていた洋子は、22歳のとき、カトリックの給費生として出生の地パリに旅立った。

 知的で冒険心に富んだお嬢さまは、自由を求め、自立心に磨きをかけていく。ソルボンヌ大学で哲学を学ぶ傍ら、留学期間が過ぎても父の援助なしにパリで暮らしていくために、キャバレー「クレージー・ホース」のダンサーになった。小柄だがグラマラスで、エキゾチックな魅力のある洋子は、やがてマルセル・カルネ監督に見いだされ、女優の道を歩き出す。ダーク・ボガードと共演したイギリス映画「風は知らない」、ニコラス・レイ監督のイタリア映画「バレン」、ハリウッドのコメディー映画「青い目の蝶々さん」などに出演。国際派女優として認知されていく。

 私生活では、甘い二枚目俳優、ローラン・ルザッフルとの結婚と離婚、男気のある年上の資産家ロジェ・ラフォレとの内縁関係など、恋も愛も謳歌し、ときに苦しみながら、洋子はいつも自分を貫いた。

 洋子の祖母・万世は、鏑木清方の名画「築地明石町」のモデルとなった明治美人。母・妙子は大正・昭和のモダンガールで、婦人民権運動にも関わった才女。2人のDNAを受け継いだ洋子は、世界に羽ばたき、花を咲かせ、99年、肺がんのためパリで亡くなった。

 洋子が生きた時代のパリが描かれ、洋子と関わりのあった文化人、映画人がキラ星のごとく登場するのも読みどころだ。

(さくら舎 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る