「世界遺産」中村俊介著

公開日: 更新日:

 課題が山積の世界遺産について考えるリポート。

 条約採択から約半世紀、世界遺産の登録物件は1000件を超え、今も膨張を続けている。そんな中、「国際社会が団結して人類の至宝を守り後世に手渡す」という原点が忘れられ、副次的な観光や地域振興などに注目が集まり、世界遺産は世界経済に取り込まれつつある。国々の思惑が入り乱れる登録合戦には政治的な介入も日常茶飯事で、評価の難しい物件も目立つ。

 さらに、紛争地帯では国際社会が大切さを訴えるほど、民族の象徴である歴史遺産が敵対勢力の戦意をそぐための攻撃目標にされたり、駆け引きの材料にされたりする。

 激変する世界遺産を取り巻くこうした現状を報告しながら、文化遺産保護のあり方を考察する。 (岩波書店 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード