「軍艦島」黒沢永紀著

公開日: 更新日:

「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産への登録が決まった軍艦島の魅力を紹介するガイドブック。

 長崎県の沖合に浮かぶ端島、通称「軍艦島」は、1974年に閉山するまで約100年にわたって稼働した炭鉱の島。最盛期の昭和30年代には5300人の島民が住み、高層鉄筋集合住宅や海底水道の敷設、屋上庭園など、どれも国内初の先端技術が次々と導入されてきた。しかし、「明治日本の」と限定されたため、軍艦島の最大の魅力であるこうした住宅棟や島民たちが残した文化は、今回の世界遺産には含まれないという。その歴史から当時の人々の暮らしぶり、島の建築物、そして現在の島を取り巻く状況まで詳しく解説。

(実業之日本社 850円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る