• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「軍艦島」黒沢永紀著

「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産への登録が決まった軍艦島の魅力を紹介するガイドブック。

 長崎県の沖合に浮かぶ端島、通称「軍艦島」は、1974年に閉山するまで約100年にわたって稼働した炭鉱の島。最盛期の昭和30年代には5300人の島民が住み、高層鉄筋集合住宅や海底水道の敷設、屋上庭園など、どれも国内初の先端技術が次々と導入されてきた。しかし、「明治日本の」と限定されたため、軍艦島の最大の魅力であるこうした住宅棟や島民たちが残した文化は、今回の世界遺産には含まれないという。その歴史から当時の人々の暮らしぶり、島の建築物、そして現在の島を取り巻く状況まで詳しく解説。

(実業之日本社 850円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る