「掠奪されたメソポタミア」ローレンス・ロスフィールド著 山内和也監訳

公開日:  更新日:

 2003年のイラク戦争は、バグダッドのイラク国立博物館からの略奪や、考古遺跡の盗掘という悲惨な被害をもたらした。米軍の兵士は文化財を守る訓練を受けていない上に、博物館の向かい側にあった橋が戦略的に重要な地点であったため、博物館の敷地内に米軍の指揮所が設けられて、博物館は激しい集中攻撃を浴びた。

 戦闘が終わると、人々が残っていた警備員の抵抗をものともせず、略奪を行った。遺跡も、かつて発掘を手伝って目利きになった男によって盗掘された。現在、オークションに出品された収蔵品を予算不足で買い戻せない状況だという。守れなかった文化遺産をめぐるノンフィクション。(NHK出版 4000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る