「掠奪されたメソポタミア」ローレンス・ロスフィールド著 山内和也監訳

公開日: 更新日:

 2003年のイラク戦争は、バグダッドのイラク国立博物館からの略奪や、考古遺跡の盗掘という悲惨な被害をもたらした。米軍の兵士は文化財を守る訓練を受けていない上に、博物館の向かい側にあった橋が戦略的に重要な地点であったため、博物館の敷地内に米軍の指揮所が設けられて、博物館は激しい集中攻撃を浴びた。

 戦闘が終わると、人々が残っていた警備員の抵抗をものともせず、略奪を行った。遺跡も、かつて発掘を手伝って目利きになった男によって盗掘された。現在、オークションに出品された収蔵品を予算不足で買い戻せない状況だという。守れなかった文化遺産をめぐるノンフィクション。(NHK出版 4000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

もっと見る

人気キーワード