「関ヶ原合戦は『作り話』だったのか」渡邊大門著

公開日: 更新日:

 家康が幕藩体制を築く端緒となった関ケ原合戦は、歴史の重要なターニングポイントであった。しかし、合戦が膠着状態に陥った際に家康が小早川秀秋が陣を置く松尾山に向けて鉄砲を撃たせ攻撃への参加を促したなどのエピソードは、後に小説などで広まったもので、史実とは異なる。本書は、一次史料をもとに関ケ原合戦を改めて検証した歴史テキスト。

 秀吉が後事を託した五大老と五奉行。歴史辞典などでは五大老が格上だったように伝えられているが、実際はほぼ同格だったという。以後、石田三成襲撃事件や家康暗殺計画など、関ケ原にいたるまでの政治状況や、大名たちの思惑と攻防、そして合戦の詳細まで。最新の研究をもとにその真実を描き出す。

 (PHP研究所 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    窮屈で笑えない社会から逃げずウーマン村本はネタにする

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る