「傾城 徳川家康」大塚卓嗣著

公開日: 更新日:

 16歳の信長は萬松寺に行き、人質として預けられていた松平家の嫡男、竹千代を連れ出した。そして、西三河に立つ安祥城が陥落し、信長の異母兄、信広が今川に捕らえられたと告げた。

 だが、側室の子である信広を人質にしても意味がない。竹千代は今川の意図に気づいた。信広と竹千代の人質交換をもくろんでいるのだ。信長は鋭敏な竹千代が織田家の役に立つと考え、手放すのは惜しいと思った。だが、竹千代を返さなければ織田家内で内乱が起きる可能性もある。信長が「そのうち、迎えに行ってやる」と言うと、竹千代は「いつまでもお待ちしております」と答えた。信長はその唇に接吻した。(「城なし子」)

 織田、今川に寵愛され、戦国の世を生き抜いた家康を新しい視点で描く歴史小説。 (光文社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る

人気キーワード