「家康謀殺」伊東潤著

公開日: 更新日:

 戦国時代、情報そのものを雑説、正しい情報を真説、偽情報を偽説、敵を惑わすための情報を惑説と呼んでいた。

 この時代、熾烈な情報戦が繰り広げられ、その成果が勝敗を大きく左右した。本書は、そうした情報戦の光と闇を暴いた短編集。

 最初の舞台は桶狭間の戦い。沓掛城城主の娘婿・佐川景吉は、今川義元の命により九之坪城の簗田広正を今川方に寝返らせるべく迫るが、広正は情報を巧みに操り景吉の裏をかく。恨みに思った景吉は、広正に復讐すべく遠大な情報戦を仕掛けていく。(「雑説扱い難く候」)

 続く「上意に候」は、豊臣秀吉の甥で、2代目関白の秀次が熱海で湯治中の場面から始まる。そこへ徳川家康の重臣・酒井忠次が訪れ、秀次の関白を返上せよという。さらに、次期関白に小早川秀秋がなるとの噂も飛び込んできて、周囲はにわかにきな臭くなる……。

 その他、文禄・慶長の役を背景に、根来衆の鉄砲打ち兄弟がたどる数奇な運命を活写した「秀吉の刺客」、大坂夏の陣前夜に計画された家康の暗殺が現代の防諜戦さながらの駆け引きで展開する表題作など、計6編いずれも情報に翻弄される男たちの悲劇が描かれる。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る

人気キーワード