「日本人は右傾化したのか」田辺俊介編著

公開日: 更新日:

 グローバル化が進み、先進国では経済的地位や資産などに基づく経済的な分断が進んだとみられている。だが、そういう社会的分断が政治的対立を生んでいるのではない。「成果」を出しているのは、トランプ政権の誕生やイギリスのEU離脱、ヨーロッパ各国の極右政党の躍進、安倍長期政権による純化主義が、移民や外国籍の人びとを排除するナショナリズムである。この分断された状況を乗り越えるためには、お互いにさまざまな文化を背負っていることを認め合う、多文化主義が必要なのだ。

 2009年から4年ごとに行われている「国際化と市民の政治参加に関する世論調査」をもとに、「日本人は右傾化したのか」を探る。

(勁草書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る

人気キーワード