人間は心臓病になるように進化をと遂げた!?

公開日: 更新日:

 生物の進化とは“よりよいもの”になる変化だと思われがちだが、私たちと進化の利害関係は必ずしも一致しない。例えば、突然死の原因にもなる狭心症や心筋梗塞は、進化によってもたらされたものだと言えるのだ。

 更科功著「残酷な進化論」(NHK出版 800円+税)では、「絶滅の人類史」などの著書を持つ分子古生物学者が、人体をテーマに誤解されがちな進化の本質を解説している。

 私たちの心臓は4つの部屋に分かれ、肺には低い圧力で、全身には高い圧力で血液を送り出すことを可能にしている。これは、魚から進化したのち気体から液体(血液)に酸素を取り込むことが必要になったこと、そして体が上下に長くなったことに関係している。

 しかし、心臓の右側2つの部屋には酸素の少ない血液が全身から流れてくるため、心臓自身の細胞は常に酸欠状態になる。そこで、外側に冠状動脈という血管を張り巡らせ、酸素を吸収できるように進化した。ところが、心臓が収縮すると冠状動脈も押しつぶされ、酸素が得られにくい構造にもなっている。そのため狭心症なども起こしやすく、進化の設計ミスだといわれることもあるという。

 しかし、それはあくまでもヒトの側から見た意見に過ぎないと著者。自然淘汰という進化のメカニズムは、子どもをより多く残せる形質(を持つ個体)を増やすことを目的としている。つまり、若くて子どもをつくれる間だけしっかりと働けばそれでよく、心臓が酷使されて狭心症などが起きても、生殖年齢を過ぎていれば自然淘汰は一切関知しないというわけだ。

 腰痛や難産、死についても進化の切り口でひもとく本書。人間は特別ではなく、不完全な一生物であることも教えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る