人間は心臓病になるように進化をと遂げた!?

公開日: 更新日:

 生物の進化とは“よりよいもの”になる変化だと思われがちだが、私たちと進化の利害関係は必ずしも一致しない。例えば、突然死の原因にもなる狭心症や心筋梗塞は、進化によってもたらされたものだと言えるのだ。

 更科功著「残酷な進化論」(NHK出版 800円+税)では、「絶滅の人類史」などの著書を持つ分子古生物学者が、人体をテーマに誤解されがちな進化の本質を解説している。

 私たちの心臓は4つの部屋に分かれ、肺には低い圧力で、全身には高い圧力で血液を送り出すことを可能にしている。これは、魚から進化したのち気体から液体(血液)に酸素を取り込むことが必要になったこと、そして体が上下に長くなったことに関係している。

 しかし、心臓の右側2つの部屋には酸素の少ない血液が全身から流れてくるため、心臓自身の細胞は常に酸欠状態になる。そこで、外側に冠状動脈という血管を張り巡らせ、酸素を吸収できるように進化した。ところが、心臓が収縮すると冠状動脈も押しつぶされ、酸素が得られにくい構造にもなっている。そのため狭心症なども起こしやすく、進化の設計ミスだといわれることもあるという。

 しかし、それはあくまでもヒトの側から見た意見に過ぎないと著者。自然淘汰という進化のメカニズムは、子どもをより多く残せる形質(を持つ個体)を増やすことを目的としている。つまり、若くて子どもをつくれる間だけしっかりと働けばそれでよく、心臓が酷使されて狭心症などが起きても、生殖年齢を過ぎていれば自然淘汰は一切関知しないというわけだ。

 腰痛や難産、死についても進化の切り口でひもとく本書。人間は特別ではなく、不完全な一生物であることも教えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る

人気キーワード