朝寝坊でもOK 首都圏お手軽50登山コース

公開日: 更新日:

 秋の行楽シーズン真っただ中。たまには山登りでもして自然の景色を満喫したいと思う一方、日々の仕事が忙しい分、休みの日ぐらい朝はゆっくり寝ていたいという気持ちもある。

 しかし、登山は何もハードなものばかりではない。朝寝坊をしても、夕方に用事があってもサクッと行って帰ってこられる山もある。

 石丸哲也著「東京発 半日ゆるゆる登山」(山と溪谷社 1000円+税)では、そんな手軽な登山コースを紹介している。

 紅葉も楽しみたいなら、鎌倉アルプスがお勧めだ。東京駅からJR横須賀線で55分。標高159メートルの大平山は、例年11月下旬から12月上旬ごろが紅葉の見頃である。鎌倉駅から桜やつつじの名所である参道の若宮大路、または食事処などが集まる小町通りから源氏の氏神である鶴岡八幡宮を経て、源頼朝が岩手県の中尊寺を模して建立したとされる永福寺跡で瑞巌寺への道を分け、獅子舞の谷に向かおう。

 この谷にはイチョウの大木とイロハモミジの林が茂り、鎌倉随一とされる黄葉・紅葉が一度に楽しめる。ここまでに至る道は切り通し状で、ちょっとした秘境の趣まであるという。行程はおよそ7キロで、所要時間は2時間30分といったところだ。

 一方、探検気分も味わえるのが、三浦半島の逗子市・葉山町・横須賀市にまたがる通称・三浦アルプス。新逗子駅から徒歩15分、標高は208メートル、山地の規模としても東西7キロ、南北4キロとこぢんまりしているが、樹林がうっそうと茂り、林下にはシダも群生している。街なかからすぐの低山とは思えないほどの山深さが感じられるだろう。

 本書では気軽な登山が毎週楽しめるよう50のコースをピックアップ。今度の週末にでも出かけてみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る