「蟻たちの矜持」建倉圭介著

公開日: 更新日:

 医療精密機器メーカーのアカベックは、外務省から東南アジアの国、ブルシアのODA案件への参加を打診された。同業の神津ケミクス、デイトロンとの3社合同という条件で、アカベックの内野匠也社長は承諾する。 ところが、神津ケミクスの神津義孝社長は現地の実力者に賄賂を贈ることを提案。内野は断るが、次にはブルシア政府要人にコネがある宍戸という人物を紹介された。宍戸との件がトラブルになり、神津ともめたことが傷害事件とされ、さらに内野の部屋から覚醒剤が発見される。ブルシアでは覚醒剤所持の最高刑は死刑だという。罠にはまった内野を救うために、内野の部下たちは前代未聞の作戦を立てる。

 ODAをめぐる迫真の企業小説。

 (光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る