「蟻たちの矜持」建倉圭介著

公開日: 更新日:

 医療精密機器メーカーのアカベックは、外務省から東南アジアの国、ブルシアのODA案件への参加を打診された。同業の神津ケミクス、デイトロンとの3社合同という条件で、アカベックの内野匠也社長は承諾する。 ところが、神津ケミクスの神津義孝社長は現地の実力者に賄賂を贈ることを提案。内野は断るが、次にはブルシア政府要人にコネがある宍戸という人物を紹介された。宍戸との件がトラブルになり、神津ともめたことが傷害事件とされ、さらに内野の部屋から覚醒剤が発見される。ブルシアでは覚醒剤所持の最高刑は死刑だという。罠にはまった内野を救うために、内野の部下たちは前代未聞の作戦を立てる。

 ODAをめぐる迫真の企業小説。

 (光文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る

人気キーワード