「指揮権発動」笹本稜平著

公開日: 更新日:

 カブール市内のホテルで3人の日本人の死体が発見された。現地に向かった東京地検特別捜査部の検事、芦名誠一と警視庁公安部の沢木隆司警部は捜査を始める。週刊誌の記事で、この事件の背後で与党の大物政治家が暗躍していると報じられたため、官邸筋から密命が下ったのだ。現地の警察は反政府系によるテロだとみているが、狙われたのは日本人だけだ。彼らはODAの関係者だったが、そのうちのひとり、三宅和則のパソコンがなくなっていた。与党の総務会長と外務省が結託してODA予算を裏金として還流させていると見抜いた2人は、指揮権の発動を回避しようとするが……。

 ODA金脈の利権隠しを追うサスペンス小説。

 (KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る