「奇跡の改革」江上剛著

公開日: 更新日:

 大森が日本写真フイルムの社長に就任した2000年当時、国内外で絶対的シェアを誇るエクセレントカンパニーだった。しかし、5年後、デジタル化の波にのまれ、世界のフィルム需要は半減。大胆な構造改革を決断した大森は、2006年の年頭、創業以来初の大規模なリストラを発表する。記者会見後、同社の研究所所長の戸越は自らをリストラするよう大森に直談判する。他社からの引き抜きを警戒した大森だが、「事業には寿命があるが、技術には寿命がない」を信条にする戸越は、一研究者に戻り、会社の新たな収入源となる商品の開発に挑む決意を明らかにする。

 未知の化粧品開発でトップブランドを生み出し、再生した富士フイルムの軌跡を描くノンフィクション企業小説。

(PHP研究所 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る