北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ノーサイド・ゲーム」池井戸潤著

公開日: 更新日:

 ベストセラー作家はホントにうまい。読み始めたらやめられず、一気読みである。まず、構成が秀逸だ。

 本書は、企業小説として始まるのである。大手自動車会社のエリート社員君嶋が横浜工場の総務部長に左遷され、ラグビー部のマネジャーを兼務することになるのが物語の発端だ。とはいっても彼はラグビーの素人である。ズブの素人が低迷中のチーム再建を託されるわけだが、アマチュアスポーツが企業に支えられている現実が背景にあるので、このチームが勝つようになっても、はたして存続できるのかどうかわからない。そういう足元の不安というものが、このストーリーの底にある。こういう構成がうまい。

 この手の小説の常套だが、敵方がはっきりしているのもいい。いや、明確な敵と、明確でない敵がいる。ネタばらしになるので、このあたりは詳述できないが、君嶋マネジャーはいろいろな敵と闘わなければならないのだ。この構造もいい。

 それにしても大企業のラグビーチームの年間予算が15億円とは知らなかった。対して収入はほとんどなし。大赤字である。それでも企業の宣伝になればいいが、低迷したチームではその効果もなし。これでは予算削減、あるいは廃部、という話が出てきても不思議ではない。そういう逆境を、彼らは本当に克服できるのか――息をのんで試合の行方を、彼らの未来を見守るのである。

 (ダイヤモンド社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る