「モーツァルトは『アマデウス』ではない」石井宏著

公開日: 更新日:

 大ヒット映画の恩恵でモーツァルトの名前は「アマデウス」だと世界中の誰もが知っている。多くの資料にもそう記されているが、著者は生前のモーツァルトの名前はアマデウスであったこともないし、そう呼ばれたことも、自らがそう名乗ったこともないと断言する。

 モーツァルトは、1770年以降、親がくれたヴォルフガングという名に、イタリア人が彼を称賛して呼んだ「アマデーオ」という名前をつけて署名するようになった。アマデーオをドイツ語に直せば、アマデーウスにならないこともないが、ドイツ語も使えたモーツァルトは一度もアマデーウスと署名したことはない。なぜ彼がアマデーオという名を愛し、生涯に使い続けたのか。その足跡をたどり解き明かす音楽エッセー。

(集英社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード