「アメリカは歌う。 コンプリート版」東理夫著

公開日: 更新日:

「聖者の行進」という歌は、黒人たちが葬送の行進のときに歌うもので、現世の苦しみから逃れて聖者の群れに加わりたいという来世での希望を歌ったものだとされている。しかし、この歌の歌詞には、アメリカ南部の奴隷州の黒人たちを北部の自由州へ逃亡させるための暗号が秘められていて、具体的な逃亡経路が示されているという。

 また、PPMで有名な「虹と共に消えた恋」という歌のオリジナルは、17世紀末のアイルランドとイングランドの戦いにまで遡り、そこには働き手を戦争に奪われた女性たちの悲しみが託されていたという。あるいは、同じPPMの「500マイル」は、新大陸へ渡り仕事を求めて国中をさすらった「ホーボー」と呼ばれる流れ者たちの悲哀が歌われている……。

 本書には、日本でも馴染みのアメリカのカントリーやフォークソングが多数取り上げられ、歌詞を手がかりにその歌が作られた背景と隠された意味合いが丁寧に解き明かされ、これまでの常識を見事に覆してくれる。800ページを超す大著にはアメリカ音楽にまつわる目から鱗のうんちくがたっぷりと詰まっており、年末年始の読書にお薦め。

(作品社 4200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る

人気キーワード