「いきなり動画の達人になる本」伊藤正治、佐藤克則著

公開日: 更新日:

 すてきな動画を撮りたいが、どうしたらいいかわからないという場合、まずスマホで動画を撮影してみる。初めは「風景画」のようなものを撮るが、次は被写体を用意して、1分の友人紹介の動画を撮る。その際、プロットを考え、ロケ場所を選び、プレビューで、顔がフレームの中心にきていないか、背景のガラスなどに映したくないものが映り込んでいないかなどを確認する。

 最初はAUTO撮影で撮るが、2回目はマニュアル撮影にして、フォーカス、露出、ホワイトバランスにこだわって、「明るさや色をコントロールして自分独自の映像作り」に挑戦しよう。

 レベルアップしたいユーチューバーや、仕事のプレゼンに役立つテクニックを伝授する。

(言視舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る