「つきあいが苦手な人のためのネットワーク術」カレン・ウィッカー著 安藤貴子訳

公開日: 更新日:

 ネットワークづくりというと、取引目当てのイメージが先行して、嫌悪感をおぼえ躊躇する人が少なくない。しかし、昔と違って引っ越し回数も増え、転職も当たり前となった現代においては、同僚や前の雇い主、仕事上の知り合いと連絡を取りつづける重要性は高い。新しいチャンスの入り口として、あるいはアイデアの実現化などネットワークはさまざまな面で役立つからだ。

 有効なネットワークを築く方法を一言でいうならば、長期的視点で「ゆるく連絡を保つこと」である。リストに仕事関係のほか、友人を通して知り合った人、ボランティア仲間、そして助けやアイデアを求めてきた人も加え、定期的に連絡を取っていく。連絡にはSNSを活用し、ツイッターで目にした情報をシェアしたり、「いいね」を送る。これなら、双方共に気楽だ。そして最も大切なのは、必要のないときからネットワークづくりに取り組むことである。

 グーグルで要職を務め、ツイッター社の元編集トップの著者が、SNS社会で大切な人間関係を構築・維持する秘訣を伝授。

(CCCメディアハウス 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る