公開日: 更新日:

「ネット右翼とは何か」樋口直人ほか著

 いつのまにか罵倒の嵐となったネット界。どうしてあんなに下品な極論だらけなのか。



 ネット右翼、略して「ネトウヨ」。インターネットの世界で、いまおそらく最も目立つ“政治勢力”だが、その実態は定かではない。格差社会から落ちこぼれて怨念を抱く低収入のニートやオタクっぽいイメージが一般的だが、本書によれば明らかな誤解。社会学者らの調査では非正規より正規雇用者のほうが多く、自営業や経営者も多数。

 また「嫌韓嫌中」「保守志向」「積極的意見発信」と軸を分けて調べると「ネット右翼」と「オンライン排外主義」は微妙に異なることもわかった。また「ネオナチ=スキンヘッド」などの目に見える特徴がなく、SNSを分析すると「生活者ネトウヨ」「秘匿ネトウヨ」「ステルスネトウヨ」「真正ネトウヨ」「リア充ネトウヨ」などに細分化されるという。

 高学歴なのと安倍政権への「右からの批判」が多いのが共通点だ。表はまともな市民の顔をして、中身は排外の権化。いやな世の中になったものだ。

(青弓社 1600円+税)

「ファクトチェック最前線」立岩陽一郎著

 トランプが叫ぶ「フェイクニュース!」の怒号に対抗するのがファクトチェックと思われがちだが、それは誤解。たとえばオバマ時代も「再生可能エネルギーで雇用創出」と大統領がいえば、即座に「太陽光パネルなどのビジネスの多くは中国。アメリカの雇用につながるかどうかは不明」とファクトチェックが入る。つまり「誤解させる可能性」をチェックし、修正コメントを入れる作業なのだ。

 本書は調査報道NPOを主宰し、本場アメリカでの最初期からファクトチェックの実情も知る著者による基本的な解説書。著者は本紙好評連載コラム「ファクトチェック・ニッポン!」の筆者だ。

(あけび書房 1400円+税)

「現代アメリカ政治とメディア」前嶋和弘ほか編著

 メディアが有名にしたのに、そのメディアを叩くことで喝采を浴びるトランプ。

 特にCNNなどは大統領から攻撃されればされるほど左傾化し、民主党支持者からも危惧されているという。

 米国駐在の経験が長いジャーナリストと政治学者が組んだ本書はトランプ大統領の気質、メディア叩きというかたちによる「メディア消費」の実態、デジタルメディアの状況、政治の分極化とメディアの関係など各種の角度から現状を論じている。

(東洋経済新報社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る

人気キーワード