「Au オードリー・タン」アイリス・チュウ、鄭仲嵐著

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍の台湾で、いち早くマスクマップアプリを開発し、日本でも知られるようになった台湾の若きIT大臣オードリー・タン(愛称Au)。IQ180で学歴は中卒、天才ハッカーで詩人、男性として成長したトランスジェンダー……。数々の逸話に彩られたタンの素顔を、台湾のコラムニストとジャーナリストが描いている。

 タンは2016年、35歳のときIT大臣に就任した。以来、過激な透明性をもって活動している。毎日のスケジュール、会議やインタビューの内容、訪問客との会話も公開、誰でもパスワードなしで検索できる。隠蔽体質のどこかの国の政府とは大違いだ。

 タンは「保守的な無政府主義者」と公言しつつ、政府と共に働いている。温和な風貌、アーティストの感性、知的な言動、性別は「無」。こんな人物が、政府の中枢で働くことになるまでに、どんな経緯があったのだろう。

 多くの天才児と同様、タンも生きづらい子供時代を過ごした。幼稚園は3回、小学校は9回かわった。愛と理解のある両親、心ある先生たちが、学校に行かずに独学するタン少年に新たな道を開いてくれた。小学校の1年間はドイツで過ごし、台湾とは異なる自由な学校を体験する。ドイツのリビングで交わされる両親や来客の熱い議論は、社会への目を開かせた。中学進学を前にタンは思う。

「台湾に帰って、教育を変えたい!」

 帰国したタンは、台湾インターネット界の少し年上の天才たちと出会い、ハッカー精神と技術に磨きをかけていく。タンは金儲けのためではなく、社会のために自分ができることを始めた。性別を超えて自分を解放した。

「私は自分がしたいことをする。それが男性のすることか、女性のすることか、などと考える必要はない」

 自由な魂を持った創造的な人間は、ITを介してよりよい未来に貢献できる。タンはそれを実際にやってみせた。「日本のタン」は現れるだろうか。

(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

人気キーワード