「男性の育休」小室淑恵・天野妙著

公開日: 更新日:

 加速度的に進む日本の少子化改善の突破口として、著者らは男性育休の普及・促進を提言する。なぜなら、男性の家事・育児時間が長いほど、第2子の出生率が上がることが分かってきたからだ。つまり、男性の家庭進出が進むほど、出生率が増加するというのだ。

 男性の家庭進出は、母親の「産後うつ」対策としても重要であり、企業側にも多くのメリットをもたらす。しかし、現実の男性育休取得率はわずか7・48%にとどまる。

 本書は、専業主婦家庭でも、就業規則に定められていなくても取得可能など、制度に関する世の誤解を解く一方で、男性育休が広がらない背景、そして企業や社員にもたらすメリットなどを解説。その上で社会変革のレバレッジポイントになる男性育休義務化を提唱する。

(PHP研究所 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード