「夫婦幻想」奥田祥子著

公開日: 更新日:

 社会の変化とともに夫婦のかたちも変容したかに見える。しかし、本音の部分では旧来の性規範や性別役割規範にとらわれている男女が少なくないと著者は言う。さまざまな男女を長期にわたって継続的に取材してきた著者による定点観測ルポ。

 2005年、結婚半年後に取材を始めた佐野さんは、メーカーの総合職として家庭と仕事を両立。自らは順調にキャリアアップして課長に昇進するが、子育てに協力的だった夫は子会社に出向させられる。佐野さんは、覇気のない夫に絶望して夫婦の危機を迎えてしまう。

 その他、夫が仕事・妻が専業主婦の役割分業夫婦や、合意のもと子供を持たない恋人夫婦、定年後の熟年離婚など。さまざまなケースを通して夫婦とは何かを考える。

(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る