「夫婦幻想」奥田祥子著

公開日: 更新日:

 社会の変化とともに夫婦のかたちも変容したかに見える。しかし、本音の部分では旧来の性規範や性別役割規範にとらわれている男女が少なくないと著者は言う。さまざまな男女を長期にわたって継続的に取材してきた著者による定点観測ルポ。

 2005年、結婚半年後に取材を始めた佐野さんは、メーカーの総合職として家庭と仕事を両立。自らは順調にキャリアアップして課長に昇進するが、子育てに協力的だった夫は子会社に出向させられる。佐野さんは、覇気のない夫に絶望して夫婦の危機を迎えてしまう。

 その他、夫が仕事・妻が専業主婦の役割分業夫婦や、合意のもと子供を持たない恋人夫婦、定年後の熟年離婚など。さまざまなケースを通して夫婦とは何かを考える。

(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る

人気キーワード