「逆・タイムマシン経営論」楠木建、杉浦泰著/日経BP

公開日: 更新日:

 本書は、「同時代性の罠」に陥って経営判断を誤らないように近過去に学ぼうと提言する経営書だ。同時代性というのは、世の中を虜にするブームのことだ。その弊害は、私自身も強く感じていた。

 本書でも取り上げられているが、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、日本はIT革命論に沸いていた。何でもインターネットに乗せれば、ビジネスがうまくいくという神話が生まれた。だからeコマースにとどまらず、e物流、eラーニングからe人事という言葉まで登場した。当時、外資系コンサルティング会社が、IT革命に対応するためのマニュアルを、オーダーメードを装って1本1000万円程度で企業に売りまくっていた。私が、ある大手家電メーカーの人事部で、インチキe人事の話をしたときに「それは、これのことですか」と書棚からマニュアルを取り出してきた。1000万円はすでに支払われた後だった。

 もちろんITは革命的な技術だ。しかし、人間はすぐには変われないから、需要は時間をかけて変化すると本書は指摘する。慌てふためく必要はなかったのだ。

 本書には、1980年代のSIS(戦略的情報システム)から最近のサブスクリプションまで、同時代性の罠をもたらした豊富な事例が登場する。そこでは結末まで含めて、歴史がきちんと調べられている。歴史に基づく話が具体的だから、とても分かりやすい。ただ、経営論としての本書の一番の特長は、余計な精神論がないことだ。事実に語らせることが、説得力を高めているのだ。

 そして、本書は経営論にとどまらず、経済書としても高い価値を持っている。それは、同時代性の罠が、ほとんどの場合、株価のバブルをもたらしてきたからだ。その意味で、いまの株式市場の活況の主役となっている電気自動車、人工知能、第5世代通信、そしてニューノーマルといったテーマが同時代性の罠をもたらしているのではないかと私は感じている。確かにトレンドに乗った投資をすれば儲かるのだが、その後に大きなしっぺ返しが来るのも事実なのだ。

 その意味で、本書は経営に携わる人だけでなく、投資家にも大きなヒントを与えてくれる好著だ。 ★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード