「女房を娶(めと)らば」辻堂魁著

公開日: 更新日:

 浅草、花川戸町の自身番で書役を務める可一は前夜、追いはぎ騒動が起きたことを知る。寄合旗本の安佐野家の隅田村の寮で毎夜催される賭場の客が、渡し船の船頭に成りすました追いはぎに有り金をさらわれたらしい。

 その日、可一は仕事の合間に人情小路の長屋に住む幼馴染みのお志奈を訪ねる。半月ほど前に相談があると言っていたのだが、その後、姿を見せず心配していたのだ。お志奈は留守で、亭主の三太郎によると、南町奉行所に住み込みの奉公に出ているという。

 夜、奉公先から一時帰宅したお志奈の目の前で三太郎が安佐野家用人・本庄の手下に連れ去られてしまう。追いはぎは三太郎の仕業だったのだ。お志奈は夫を連れ戻すために大胆な行動に出る。

 好評時代シリーズ「花川戸自身番日記」第2弾。

(祥伝社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード