「黙(しじま)」辻堂魁著

公開日: 更新日:

 小伝馬町の牢屋敷の首打役の「手代わり」を務める別所龍玄の家を、夜明け前に平井喜八という武士が訪れた。家を存続させるため、よんどころない事情で切腹しなくてはならなくなったため、介錯を頼みたいという。

 平井の総領息子だった伝七郎は、昨年暮れに奥山春阿弥の娘、満代を妊娠させたとされ、詰め腹を切って死んだ。平井が訪れた日に伝七郎の法要を行い、その後、厄介な用を片付けて切腹したいというのだ。

 実は、満代の相手は市村座の女形、古中新之丞だった。平井は新之丞を問い詰めて白状させ、刀で切りつけて下帯一つの姿にしてさらし者にした。そして法要を行った後、奥山の屋敷に向かう。

 凄腕の介錯人を描く時代小説。

(光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る