「浄土双六」奥山景布子著

公開日: 更新日:

 先代の将軍・足利義量が跡継ぎとなる男子を残さず早世したため、石清水八幡宮の「神籤」(みくじ)により、突如、6代将軍を継ぐことになった義教。20年にわたり、出家の身として仏門に過ごしてきた義教はこのとき35歳であり、慣れぬ暮らしに戸惑うなか「しょせん、己は籤で決まった将軍」、周りの多くの者は密かにわらっているに違いない――との思いを強くする。

 義教は争い事の絶えぬ治世にうんざりし、やがて政も訴訟の裁きも、ささいな決め事も心中で密かな「籤」を作っては、人の宿命に気まぐれな手を加えていく。そんなある日、義教は幕府の重臣・赤松家から宴に招かれる。己でこしらえた「籤」で判断し、座に着くことにしたが……。(「籤を引く男」)

 室町時代中期を舞台に、足利義政、その妻・日野富子ら歴史上の5人らの人間模様を描いた連作短編集。ほか、義教の次男・三春丸(義政)の乳母として奉公し、成人後は義政より17歳年上ながら褥(しとね)の相手として求められ続け苦悩する今参局(「乳を裂く女」)、不仲ながらも銭の才覚で夫・義政を支えた妻・富子(「銭を遣う女」)など室町幕府の滅びの始まりを描く全6編を収録する。現実逃避に走る為政者を取り巻く欲望が生々しい。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード