「おばんでございます」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

「雪虫」で第82回オール読物新人賞を受賞して単行本デビューし、「ラブレス」で第19回島清恋愛文学賞、「ホテルローヤル」で第149回直木賞を受賞した著者による初のエッセー集。

 近年華々しい活躍を見せる著者だが、新人賞を受賞してから5年半、いくら書いても全く単行本を出すことができない暗中模索の時期があった。そうした日々の中で編集者と丁々発止のやりとりをしつつ、時には意気消沈し、時には発奮しながら「ブンゴー」を目指して修業に励んだ日々をユーモラスにつづる。

 他の作家の作品を300枚“写経”してやっと自分の文章の癖に気づくことができたこと、本が出せないことに焦り他社の賞に応募したものの新人ではなかったために選考から外れた末に「絶対に小説をやめないで」と編集者に言われたこと、直木賞候補になった際に「誰が応募してくれたんですか?」と質問して笑われたこと、エッチなタイトルを考えてと請われて夫のエロDVDやフランス映画を漁ったこと等々、数々の裏話を披露。

 巻末には地元北海道で活動する「シークレット歌劇団0931」主宰の愛海夏子との対談も収録。

(北海道新聞社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード